[Mail Magazine 2011.10.10] 
INC TOP 会社概要/業務内容 環境方針 過去のお仕事 » メールマガジン リンク
業務内容
» ITトータルアドバイス » Web作成 » 独自ドメイン取得 » Web更新プラン » 不動産ページ作成システム » システム開発

弊社では、お取引のあるお客様や希望される方に、PC利用上のご注意、アドバイスなどを提供するメールマガジンを発行しております。

購読希望のへお願いします。メールの題名は「メールマガジン希望」としてください。

「どんなプリンタを選んだら良いですか?」

前回まで、WordやExcelでの文書作成の際の方法についてお伝えしました。

作成した文書は、もちろん「紙に出力したい」ですね。

そこで今回は、プリンタの選び方について考えます。

「年賀状の印刷」が毎年大変で、というような方も多くいらっしゃると思いますが、その準備の意味でも、少し検討しておきましょう。

プリンタの評価ポイント

とはいえ、各メーカーから様々なプリンタが発売されていますね。

一般的なプリンタを大まかに分類すると、下の三つに分けることが出来ます。

  1. リースのコピー/FAX機にプリンタ機能を内蔵している物
  2. 買い取りの「レーザープリンタ」
  3. 買い取りの「インクジェットプリンタ」

これのうち、どれが良いか?という事ですが、皆さんの業務内容、使い方により「プリンタに求めるもの」はそれぞれ違うと思います。

一般的には、下の5つのポイントに注意を払えばよいと思います。

  1. トラブルが少ないか?
  2. ランニングコストが安いか?
  3. 複数のPCから使えるか?(ネットワーク接続機能があるか?)
  4. FAX機能を内蔵しているか?
  5. カラー対応か?

では、これらのプリンタについて、評価ポイントを見ていきましょう。

(a) リースのコピー/FAX機にプリンタ機能を内蔵している物

(1) トラブル ⇒ ◎

非常に少ない。(人間が定期的にメンテナンスするため)

(2) ランニングコスト ⇒ ×

コピーと同様「1枚○円」などと固定されるなど、高コストになりがち。

(3) ネットワーク接続 ⇒ △

オプションでネットワーク接続できますが、高価格になりがち。

オプション代だけで安いプリンタを購入できたりしますね。

(4) FAX機能 ⇒ ◎

機能が充実していることが多い。

(5) カラー対応 ⇒ △

カラー対応機種は、本体、ランニングコスト共に高価格になりがち。

カラーでの印刷では、1枚3-40円というケースも。

コメント

トラブルが少ないのが魅力ですが、総じてコストが高いのがデメリットです。

コピー機をリースで導入している事業所は多いでしょうが、もし設置場所があるなら、別にレーザープリンタも併設した方がコストを削減できるかも知れません。

(b) 買い取りの「レーザープリンタ」

(1) トラブル ⇒ ○

比較的少ない。

(2) ランニングコスト ⇒ ○

ただし「感光体ユニット」が交換できる機種を選ぶことをお勧めします。

(3) ネットワーク接続 ⇒ ○

ただし対応機種を選び、きちんと初期設定する事。

(4) FAX機能 ⇒ ○

ただし対応機種を選び、きちんと初期設定する事。

(5) カラー対応 ⇒ ○

カラーの場合、トナーも色ごとにバラバラに購入可能。

コメント

全体的にバランスが取れています。

「高価で大量に印刷するビジネス向け」という印象が昔は強かったのですが、たまにしか印刷しない所こそカラーレーザープリンタがおすすめです。昔に比べて値段も下がっていますね。

(参考) Amazonで「レーザープリンター カラー」を検索した結果

(c) 買い取りの「インクジェットプリンタ」

(1) トラブル ⇒ ×

「たまに使う」ケースでは、高い確率でインクの目詰まりを起こす。

(2) ランニングコスト ⇒ △

特に目詰まりを起こした際、ヘッドクリーニングにインクを使うため、カタログ上のランニングコストより悪い。

(3) ネットワーク接続 ⇒ ○

ただし対応機種を選び、きちんと初期設定する事。

(4) FAX機能 ⇒ ○

ただし対応機種を選び、きちんと初期設定する事。

(5) カラー対応 ⇒ ◎

写真を印刷する場合、レーザープリンタよりもきれいに出る。

コメント

写真印刷で画質を求める場合、インクジェットがおすすめです。

「たまに印刷する」という場合はお勧めしません。

まとめ

上記を簡単に表にまとめると下のようになります。

(a)リース(b)買取
レーザー
(c)買取
インクジェット
コメント
(1)トラブル×トラブルが少ないのは(a)リースの複合機。
(2)ランニング コスト×買い取りのレーザープリンタが有利。
(3)ネットワーク接続複数PCから使う場合、(b)(c)買い取りのプリンタが有利。
(4)FAX機能やや(a)リース複合機が有利。
(5)カラー対応写真印刷の画質を特に重視する場合は(c)インクジェット。

ちなみに弊社のケースを紹介すると、EPSONの「LP-A500F」というFAX対応のA4サイズのカラーレーザープリンタの複合機です。2005年に購入したものです。

さらに詳しいプリンタの選定・導入や、プリンタの設定代行などは、ぜひ、弊社にお申し付けください。

ITトータルアドバイスでは、より詳しく丁寧に情報をお客様に提供いたします。ぜひご利用ください。

本メールマガジンでは厳密な記述よりも簡潔な説明を心がけています。分かりづらい点がありましたらご指摘ください。また、厳密な説明については各リンク先をご参照ください。

バックナンバー